調布の弁護士による企業法務のご相談[調布くすのき法律事務所]

042-444-7621

契約書トラブル

  • 「内容を確認しないまま結んでしまった契約で悩まされている」
  • 「契約書のどの部分に着目して確認すればいいかわからない」
  • 読み返してみたら明らかに不利な条件で契約を結んでしまった。解消はできるのだろうか」
mayor-917149_640

契約は一度結んでしまうと、原則として契約当事者を拘束する効果が発生しますので、慎重に行う必要があります。本来であれば、当事者間の契約内容を明確にするために契約書を作成しますが、実際には、不明確な契約文言に関する解釈の相違から、トラブルに発展するケースが数多く見られます。万が一訴訟になった場合にも、解釈の仕方一つによって結果が大きく変わるので、多額の違約金を命じられてしまうこともあります。

弁護士に依頼することで、ご相談者の利益を確保するための契約書の作成サポートはもちろんのこと、トラブルになった際には、相手側との交渉を代理で行うことが可能です。弁護士が介入することで、争点の解釈を自社にとって有利に働くように論拠立てすることが可能です。

当事務所では、顧問先企業に関わる契約を中心に、業種・規模問わず数多くの契約書のチェック・作成を行っています。

商品売買基本契約書、製造委託契約書、金銭消費貸借契約書、業務委託契約書、株式譲渡契約書、フランチャイズ契約書、賃貸借契約書、クレジットに関する基本契約書、秘密保持契約書、各種覚書等様々です。

例えば、商業施設への出店に関する契約書の場合には、通常、当初の契約書案は施設側が作成することから、施設側に有利に依頼者に不利に作用する条項が数多く見受けられます。当事者間の力関係にもよりますが、依頼者の利益を最大限確保するための文言の修正をアドバイスします。

Page Top