調布の弁護士による企業法務のご相談[調布くすのき法律事務所]

042-444-7621

契約書の作成

  • 「契約書を作成せずに業務を行ってきたが、相手方が契約書がないことを理由に支払いを渋っている。」
  • 「これまではあまり気にせずに従前どおりの契約書を作成してきたが、将来のトラブルに備えて契約書を作成したい。」
  • 「お互いの信用を基に発注書・請書で契約を締結してきた。組織も大きくなってきたので、しっかりと契約業務を行いたい。」
  • 「契約書を作成したいが、インターネット上の書式を使っても大丈夫だろうか」

契約書は当事者間での合意の有無及び内容を形として残すものとして非常に重要です。企業活動においては、書面・メール・電話・口頭の方法を問わず、様々な場面で合意が行われますが、契約書を作らなかったために生じるトラブルも多く発生しています。

契約書を作成しておかないと、合意の内容が曖昧になってしまい、後日、「言った言わないの水掛け論に発展しかねません。また、現在では、契約書はインターネット上で書式や雛形を簡単にダウンロードすることができますが、あくまで雛形であり個別の事情に応じていないため、条項の文言によっては、後日大きなトラブルに発展することがあります。

2ffd7b1f3cb63a52f9418ba6bf6ad65a_s

弁護士に依頼をすることで、個別の事情に応じた契約書を作成することが可能です。企業が能動的に自社に有利な内容の契約書を作成することで、トラブルを未然に防ぐだけでなく、企業活動を円滑に進めることができます。

当事務所では、顧問先企業に関わる契約を中心に、業種・規模問わず数多くの契約書のチェック・作成を行ってきました。

商品売買基本契約書、製造委託契約書、金銭消費貸借契約書、業務委託契約書、株式譲渡契約書、フランチャイズ契約書、賃貸借契約書、クレジットに関する基本契約書、秘密保持契約書、各種覚書等様々です。また、契約に関するトラブルのご相談や、訴訟も数多くご依頼いただいておりますので、契約条項のどの文言がトラブルを招くおそれがあるのかということを熟知していますので、個別の事情に合わせた契約書の作成が可能です。

契約書の作成についてお気軽にご相談されることをお薦めします。契約書の作成は、企業の予防法務戦略の中核といえますので、信頼できる弁護士にご相談ください。

Page Top