調布の弁護士による企業法務のご相談[調布くすのき法律事務所]

042-444-7621

労働問題

  • 「辞めた社員から未払いの残業代を請求された」
  • 「元従業員から労働審判を提起された」
  • 「従業員がセクハラで訴えられた」
  • 「問題社員をどうにかしたい」
Dollarphotoclub_39541394_6502-320x212

経営者にとって労働問題は経営に大きな影響を及ぼす非常に重要な問題です。日本の労働法は、労働者を守ることが重視されており、労働紛争においては、経営者側が厳しい立場に立たされるということがよく起こります。

また、労働者側の訴えに対する初動対応を誤ったことにより、紛争が大きくなり、会社経営に大きな影響を及ぼすということがあります。特に、労働問題の場合には、元々は共に働いていた仲間であったということもあり、経営者の心理面に与える打撃は、他の紛争に比べて大きなものになります。しかるに、中小企業の多くは、労働問題に対しての対策が十分であるとは言いがたい状況にあります。

労働紛争を防ぐためには、事前の策としては、就業規則や労働契約書等の整備をしておくことが重要です。これらを整備することで言われもない訴えを退けることができます。

事前の策を講じていたにもかかわらず労働紛争が起きてしまった場合には、早期に適正な対応をしなければなりません。労働者側からの要求を無視し続けたり、要求を軽く見て軽率な対応をするべきではありません。なぜならば、労働紛争においては、当該問題が起きてから、使用者が解決のためにどのような対応をしたのかについても論点になり得るからです。

top6

まずは、御社には就業規則や労働契約書等が存在し、きちんと活用されているでしょうか。多くの中小企業では、その重要性を理解しながらも、そこまで手が回せていないという現状があると思います。企業の永続的な発展を図るためには、リスクは最小限に抑えなければなりません。

労働紛争を未然に防ぐためには、労働環境の法的整備が不可欠となります。弁護士に頼むことで、経営者様の意見を反映させた法的整備を整えることができます。

当事務所は、労働問題においては、経営者・使用者から数多くのご相談を受けて参りました。まずは、お気軽にご相談いただき、弁護士とのディスカッションを通じて、ご自身の会社の現状のリーガルチェックを行ってはいかがでしょうか。

Page Top