調布の弁護士による企業法務のご相談[調布くすのき法律事務所]

042-444-7621

労働審判

  • 「労働審判の申立書が届いたが、どのように対応すれば良いかがわからない」
  • 「合意退職をした元従業員から不当解雇で訴えられてしまった」
  • 「元従業員から過去に遡って残業代を請求されてしまった」
kaigi

労働審判は、使用者側・労働者側双方にとって労働問題をスムーズに解決するためにできた制度です。極々簡単に説明すると、労働紛争について、裁判官1名と労働審判員2名(労・使各1名)が原則3回以内の期日で審理を行い、迅速適切な解決を図る制度で、多くの場合、途中で調停(話し合い)の試みがなされます。

訴訟になってしまった場合、解決までに場合によっては1年以上かかってしまうことがありますが、労働審判は原則として3回以内の期日で結論を出すことになるので、時間的な負担が少なくて済みます。平成23年のデータによると、7割程度の事件が3か月以内に調停成立で終了しており、統計上も迅速な紛争解決手段であることが裏付けられています。

このように労働審判は、訴訟よりも非常に短い期間に解決を図ることが出来る制度ですが、その反面、第2回期日までに全ての証拠の提出をしなければならないなどの制限があり、第1回期日が実質的な天王山となる短期決戦であるため、第1回期日までの準備が非常に重要であり、主張や証拠の準備もスピードが要求されます。準備を怠ってしまうと、相手側に主導権を握られてしまい、不利な審判が下されることになりかねません。

しかし、突然申立書を送られても、どのような対応をしてよいかがわからない、または準備をしたくても時間がないという経営者の方がほとんどなのではないでしょうか。特に、労働審判は、申立後40日以内に会社側の都合に関係なく第1回期日が指定されるものであり、準備に余裕のない事案が大半です。

IMG_0154

弁護士に依頼をすることで、答弁書などの書類の作成や期日までの証拠の準備を代理で進めることが可能です。特に、労働審判の結果を大きく左右する第1回期日までの準備を行うので、その後の交渉をスムーズに進めることができます。労働審判を申し立てられてしまったら、一日でも早く弁護士に相談いただくことをお勧めします。

労働審判手続きの概要

労働審判手続きの概要

Page Top